先日お取引のある不動産屋さんから御引っ越し後の残置物処分のご依頼がありました。

お一人暮らしの高齢の方のお引っ越し後です。

実はこのご依頼お引っ越し前にも1日だけお手伝いに伺った方なんですが、ご高齢の為、荷物の整理が追いつかず、お引っ越し前のお部屋に残置物としてお荷物が残ってしまいました。

残置物の方は全て廃棄とのご指示でしたが、念のためご本人にもお立ち会い頂きました。

正直驚きました。

この程のお引っ越しには、ご依頼者様は、引っ越しの準備、梱包、不要物処分、引っ越し先への荷物の搬送を依頼していたそうですが、この状態はとてもご依頼通りとは思えません。

とにかく、お部屋を空にすることがお部屋の引き渡しのお約束と伺いましたので、まず要不要をご本人に確認頂き、不要物を1部屋にまとめていくこととしました。ご本人には必要なものはご自分の車に運んで頂き(かご2つほど)6帖間に集めました。天袋にも荷物が入りっぱなしです。引っ張りだし、仕分けです。

それでも、押入の中の布団までは6帖間には入りきらずでした。

さすがに荷物の多さに廃棄業者に依頼することとなり、早速3社に御見積を依頼し即日対応頂きました。

業者さん、部屋を開け驚きの顔が数秒間固まっておりました。

業者さんが一番驚かれていたのはこのお部屋の引っ越し料金です。私共も、うかがった際には大変驚きましたが、引っ越し業者からの請求額が○0万円だったことです。転居先も数分先です。

ご依頼者様には、残置物全ての廃棄にご承諾をい頂くことになり、業者選定となりますが、当然2社はお断りすることになります。

しかし、これもご縁です。この程の業者さんはお引っ越し業務もされていることことですので、是非今後問い合せがあった際にはこの程の業者さんをご紹介させて頂きたいと思います。

とても親切にアドバイスも下さいました。(お値引きもして下さいました)

是非、業者探しにお困りの方、御相談下さい。ご紹介致します。