緊急事態宣言解除に政府が了承したとのテロップがながれました。日付的には5月26日00時解除となりますでしょうか。

この約一ヶ月間不要不急外出自粛中、やっておこうと思ったことがありました。以前ブログ投稿した全捨離(断捨離はあまい!!そうです。)。事務処理なんかもこの時期に一気に片付けよう!!(商工会の担当の方、コンサルトの先生からの宿題でもありました・・・( ̄。 ̄;)ので)

全捨離まではいきませんでしたが、相当量片付けました。ゴミの出し方が変わり、プラスティックゴミ不燃ゴミとわけるようになり、不燃ゴミが月一となった為不燃ゴミ収集日が待ち遠しい・・・

通常月より仕事の取り方も時間に猶予がある為、身内事が多かったかと思います。そのうちの一つですが、身内内の子供部屋の床貼りがありました。

身内ともあり、相当に時間を持て余した次男の修行の場ともなりました。社長の指導のもと、次男施工の現場となりました。

上左側写真ですが、床色の違うグレー部分が床板がめくれてしまっていた部分です。フローリングは素材が板の為、水気に弱く直敷きの布団から時間をかけて水気が床に伝わっていき、ささくれてしまうようです。ささくれてしまっている部分を下地処理を行ないました。作業者は次男です。パテをねるところから次男の担当です。

写真右は、施工の始まりです。床全面からみて右側が新規床になります。在宅作業の為、貼っては荷物の移動です。本来お客様には、私物は他のお部屋に移動してもらいます。紛失、破損防止のためです。

上記写真が完成のお部屋です。

この床色ですが、今ワンルームの床に流行っている色です。完成したこのお部屋も色を変えたことで広さを感じるようになりました。そして明るいです。

以前この色で貼ったワンルームのお部屋がありましたが、最後の仕上げのワックス作業の時、内見にいらっしゃったお客様がありました。玄関扉を開けた途端「うわ~~!!この部屋にします!!」と即決めされたお部屋がありました。

この床はフロアータイル貼りになります。素材は樹脂の為、ささくれることはありません。又補修にも継ぎ目継ぎ目が1枚物なので、ペロッと剥がしその部分だけの貼替えが可能です。こども部屋にはぴったりの素材かと思います。

解除になった時、さあ!何を一番にやってみましょうか!?

当社は早くお客様にお会いしたいです。(*^^)/