多摩平にある地区センターの床工事のご依頼を頂きました。

この地区センターは、地域の方々と市役所合同で修繕していこうといった面白い企画をお持ちです。

すでに、屋根の修繕はお済みでした。壁も地域の方々でペンキを塗る予定だったとのことですが、床だけは専門にとのことで当社へご依頼をいただきました。

なかなかの築年数の施設です。修繕も色々な案がでます。

先にふれました壁の塗装の企画案が再検討となったとのことで、当社の床工事が先行となりました。

築年数がたっていることもあり、床板下地の補強を行なうこととなりました。せっかくの床材が貼られても床板が抜けてしまっては残念としかいいようがありません。ご納得頂き下地補強となりました。

床全体に補強します。安定した下地に本題のフロアータイルを貼って行きます。

この程の床の色は市役所の職員さんがお決めになりました。土足で使用されることが前提ですので色は少し暗色をお選びになりました。

施工は1日で完了です。これから地域の方々の手によってこの地区センターが生まれ変わります。色んな案を出し合いながら、着々と工事が行なわれていくことと思います。案を出し合っている間も実に楽しそうです。

又お手伝いができることがあれば、是非お声掛け頂きたく願っています。