ようやく、一般応援ができることになりました。

2年ぶりの会場応援です。

我が子二人が御世話になった高校部活の後輩の舞台です。

本来なら、部員の応援は華々しいものなんですが、拍手のみが許可されてた応援です。やっぱり多くの人に見守られた試合はいいですね。普段ならおバカな我が息子が褒めてもらえるなんてあり得ないんですが、この舞台だけは多くの人に見守られ大きな声援を頂き親としては感謝しかない舞台でした。後輩にも一度は味わってもらいたかった応援が叶い恩返しになればと足を運びました。

懐かしいですよね。

延長戦までもちこんだものの、勝てば決勝でしたが、2-3で大会を去ることになりました。

しかしながら久々のサッカー観戦がスタジアムとは、勝敗とは関係なく後輩には感謝です。

息子二人が御世話になっていたころからスタジアム名も変わり、時代の流れを感じます。行ってみれば当時と変わらぬスタジアムなんですが。

この悔しさは忘れることはないんですが、この悔しさをバネに大きくなってほしいですね。

・・・・・

若者には、悔しさも成長なんでしょうが、どうしたことでしょう・・・この距離が疲れるようになってしまってました。帰宅後は知らぬ間に大の字で居間で寝ておりました。追っかけも引退する訳です。