先日びっくりしましたが、ホームセンターの入口におせちの広告が貼られてしました。いやいや・・・気の早いお話です。そうは言いましても もう10月も半ばを過ぎました。ぼちぼちお掃除を視野にいれ始めてもいい頃かと思います。

さてタイトルの通、本当にワンポイントな情報です。

当社はルームクリーニングをご提供させていただいております。まれにガスコンロを掃除することがありますが(通常は持ち主様が御退去なさる時に撤去となります。置いていってしまうと処分代がかかりますので注意です。)お魚を焼くグリルの部分、使用の度洗浄はしますが、お肉お魚の脂のこげなかなか落ちないものです。これをお掃除の際洗浄剤につけて落としますが、ご自宅でのお掃除の際、業務用の洗剤が手元にあるとは限りません。

そこで!!

グリルの引き出し部分に重曹(粉末)と中性洗剤(食器用)をふりかけお水をそこそこにはります。そのままグリルを着火します。20分くらい焼きます。時間がきたら、しばらく熱を冷まし(触れるくらいまで)冷えたら取り出します。

重曹が焼けて固まっていることかと思います。お水で流して見て下さい。固まった重曹と一緒に焦げがぽろっと落ちて天板のテッカテカが現れます。

かなりの脂焦げが固まってしまってる場合は使用の度、これを繰り返して見て下さい。何度か繰り返していくうちに焦げが重曹のかたまりと一緒に落ちていきますのでこすることもなくテラッテラに新品同様の輝きが戻ります。

今からお試し頂くと年末のお掃除からグリル内のお掃除はリストから外しても良いかと思います。我が家のグリル天板を当社社長にみせましたところ、やっぱり焼きだよなぁとつぶやいておりました。

重曹は消臭にも使えますので、可燃ゴミ箱のゴミ袋を交換の度袋底に重曹を振りかけておくと生ゴミ臭も和らぎます。100均shopでも購入ができますので、一家に一袋あるとべんりです。