前回のブログでは、仙川の麹料理のテイクアウト弁当のお話を掲載させて頂きました。実は、お店のお弁当も勿論ご紹介したかったのですが、このお店についてもう一つご紹介したいことがあります。お店には、店内飲食への安全対策として、店内に光触媒施工済みとポスターが貼ってありました。ポスターには光触媒施工についても説明が記載されています。

ここで、光触媒についてお話してみたいと思います。

光触媒とは・・酸化チタンに紫外線(当社施工は可視光線でも効力あり)があたることにより、水分と酸素に反応し強力な酸化力を持ち、有機物を強力に分解し、抗菌、消臭効果を発揮します。

暗室内では、空気中の臭いの成分や、微生物を吸着し続け、そこに光があたることにより、一度に分解、抗菌、消臭効果がえられます。無機質なので、人体に安全で環境にも優しい成分です。

昨年中から、大学等でも研究がされており、ネット引用ではありますが、コロナウィルスに光触媒を照射することで、1時間で2.5桁のウィルス量の減少、2時間で99.99%以上のウィルスが減少したとの研究結果が発表されています。

又、他大学でも研究されていて、「昨春以後、福岡県の市役所トイレや筑豊電鉄の車両内などに、この光触媒を用いたコーティング剤を塗布する実証実験を重ねてきた。JR九州ステーションホテル小倉(北九州小倉北区)の客室や会議室、レストランで殺菌効果を調べたところ、ウイルスの数の指標となる物質の量が36日後で95・5%減少し、101日後には95・7%減少しており、長期にわたって高い効果が継続していた」との研究結果を発表しています。

当社でも14年前から光触媒施工をご提供しております。当社の施工は壁床天井の6面に噴霧器を使用し、コーティングすることにより、光触媒に包まれた空間となります。

消臭効果も実証済みで、コーティングした車の中でタバコを吸い、タバコを消してすぐ車を降り、扉を施錠します。数分後車に乗り込むと、通常ならタバコ臭満載のところ、全くタバコ臭も煙も感じられませんでした。

最近では緊急事態宣言が解除されながら新規感染者数が増加傾向にあり、第4波かとも予測されています。

安全対策を怠らないことで、安全にお客様をお迎えできることかと思います。

アクリル板の設置、光触媒による抗ウィルス対策、抗ウィルス仕様クロス貼りや又、消毒作業もご提供しております。

是非ご検討されてみてはいかがでしょうか?