1月21日 雪山の話

1月21日 午前8時過ぎの空です。

昨日の写真を使いまわしではありません。

今朝の空です。

写真には写りませんが、雨が降っていました。しっかりと、雨音がする雨でした。

もしかしたら雪!予報だったので、この雨音が雪だったら、かなり積もっていたんじゃないでしょうか。それはそれで見たかったような気もしますが、何分雪だと不便を感じます。子供の時のように、雪が降ったことでわざわざ外にもでなくなりましたし、大人目線で、ほっとした。と、いうことで。

しかし、まだまだ冬は終わりません。この先も用心しないとですね。

❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄

雪で思い出すのは、長男君が小学生だった頃。

八王子にあるフットサル教室に通っていたことを思い出します。

今は名前が変わっちゃいまっしたが Funフットサルclub というスクールでした。

帝京大学の目の前です。

まだできて間もない頃のフットサルクラブだったので、生徒数も10人いなかったんじゃないかと思います。(年齢別)次男君が入った頃は全盛期の頃で1教室で50人くらいはいたのかな。時代はどんどん変わります。

そんな長男君のスクールのある日。雪が降った後だったので、スタッフによる雪かきがされており、コートの端端が雪山になっていて、その雪山をよけながらのスクール教室。

その雪山もまだ柔らかくて、みずみずしい山です。

レッスンが終わり、お決まりのフットサル対戦。このころは人数が少なかったので、コーチ2名対スクール生。

試合に熱が入ると、我が子長男君がコーチにボールを取られ、本気モードで悔しがり、雪山へダイブ!!

唖然とするスタッフと、他スクール生。

繰り返しダイブを行うこと数回。ある瞬間どよめきが起こりました。

スクールの中でも、優秀な生徒さんがいまして、上手なのと子供ながらに本気でうまくなりたいと真面目に取り組んでいた生徒さんが、長男君と一緒にダイブし始めたんです。

それはもう、スクール中大騒ぎです。こんなに盛り上がっていいものかというくらい大人も子供も大はしゃぎの一日でした。

後で諸々聞きましたところ、雪山にダイブする子が今どきいるんだぁ~~と皆さんが思っていたそう。

平成の子供たちの中昭和を垣間見える一時でした。

楽しかったですね~~~。あっ!その一緒にダイブした生徒さん次の練習からは優秀な生徒さんに戻りました。その時はなんかおもしろいと思ったんでしょうね。やはり子供の一面は隠せませんね。小学校4年生のとある日のできごとでした。

雪山ができるほどの降雪となると、通勤通学にも大きな影響があります。

やはり雪が降って喜ぶのは子供ですね。

雨の週末。皆様には充実されましたでしょうか。

明日から又新しい一週間が始まります。

どうぞ、ご安全な一週間をお過ごし下さい。

では、今日も明日も笑顔の絶えない一日となりますよう!!

#リフォーム #クロス貼替 #床も貼ります #修繕工事 #ルームクリーニング

#りほーむの友 #事業承継勉強します

前の記事

1月20日 大寒

次の記事

1月22日 寒波に注意